東郷記念館

和婚でゲストに贈りたい!もらってうれしい縁起物3選


和風の結婚式を挙げるなら、当日に参加してくださったゲストへ日本らしいプレゼントをしてみてはいかがでしょうか?
縁起物は、新郎新婦からゲストに感謝の気持ちを伝えるための、大切な贈り物です。ゲストの年齢層やお好みに合わせて、最適な縁起物を選びましょう。
こちらでは、和婚におすすめの縁起物を3つご紹介します。

 

結婚式の縁起物とは?

 
結婚式の披露宴では、当日に足を運んでいただいた一人ひとりのゲストに、引き出物をお贈りします。「縁起物」とは、このように結婚式のゲストに贈る引き出物のうちのひとつです。
引き出物の内容は、記念品・引菓子・縁起物という3品で構成されています。ゲストへの感謝の気持ちを込めて、新郎新婦から贈られます。3という割り切れない品数のギフトを贈るのがマナーです。
縁起物は、日本で古来お祝いごとで贈られてきた、おめでたい品物です。以下に、結婚式におすすめの縁起物をご紹介していきます。縁起物選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【その1】長寿を願う定番の縁起物「うどん」

 

老若男女を問わず人気の和食である「うどん」。そんなうどんには、麺が太くそして長いという特徴から、“長寿を願う”という意味が込められています。日本では結婚式以外のシーンでも、縁起物としてよく贈られています。
うどんは、もちろん和婚の縁起物としてもおすすめです。結婚式のギフトとして発売されているうどんには、麺が紅白セットになっているタイプなど、見た目が華やかなものもあります。ぜひ可愛らしいギフトを探してみましょう。
ゲストの年齢や好みを問わずに贈れる縁起物をお探しの方は、うどんをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

 

【その2】使い勝手の良い縁起物「かつお節」

 

和食に幅広く使用できる「かつお節」は、“夫婦円満”という意味合いがあることから、結婚式におすすめの縁起物です。かつお節は、魚の切り身から作られます。この過程から生まれた「雄節」と「雌節」がぴったりと合うことから、夫婦円満の象徴として贈り物に選ばれるようになったようです。
かつお節を贈るメリットは、なんといってもゲストに喜ばれやすい点でしょう。和食での使い勝手がいいかつお節は、お料理の出汁を取るためにも使えますし、そのまま料理にふりかけて使うこともできます。結婚式のギフト用のかつお節は、上品な包装が施され贈り物としても見栄えがします。受け取ったゲストに喜んでいただけるような、実用的でかつ縁起のいい贈り物を選びたい方には、かつお節がおすすめです。

 

【その3】見た目も華やかな縁起物「お茶漬け」

 

ここまで紹介してきた定番の縁起物がある一方で、最近の和婚で人気が上昇しているのが「お茶漬け」です。伝統的に贈られてきた縁起物ではないものの、受け取った方に喜んでいただきやすいことから人気があります。
和食の中でも、朝食時などに気軽に食べられるのがお茶漬けの魅力でしょう。縁起物としてよく選ばれているのは、最中タイプのお茶漬けです。亀などのおめでたいモチーフがかたどられている最中は、縁起も見栄えも良い贈り物になります。カラフルな色付きの最中や麩入りのお茶漬けは、見た目が華やかなのが魅力です。
また、お茶漬けは味のバリエーションが多いことから、選択肢の幅も広がります。なるべく可愛らしい縁起物を贈りたいときは、ぜひお茶漬けを選んでみてください。

 

***

 

結婚式の縁起物としておすすめの「うどん」「かつお節」「お茶漬け」についてご紹介しました。
このほかに、地域によって結婚式で定番の縁起物が決まっているケースもあります。昨今では、伝統的な縁起物も可愛らしいパッケージで販売されていますから、ぜひゲストに喜んでもらえるようなチョイスをお楽しみください。