東郷記念館

アットホームで自分らしい結婚式に。少人数和婚のメリット3つ

「結婚式に招待したい方が少ないため、挙式しようかどうか迷っている」

「アットホームで落ち着きがある、大人っぽい結婚式をしたい」

「結婚式をしたいけど、賑やかすぎる雰囲気はちょっとニガテ……」

そんな方は、ぜひ“少人数和婚”というスタイルでの挙式を検討してみましょう。
こちらでは、少人数で行う結婚式のメリットをお伝えします。

 

少人数で挙式をするカップルが増えている

結婚式のスタイルが多様化したことで、親族のみなどのごく少人数で行われる和婚が増えてきています。
人数などの関係から、初めは挙式しないつもりだったカップルが、少人数和婚を選ぶケースも珍しくありません。結婚式を挙げるかどうか迷っているなら、ぜひ少人数での挙式を検討してみてください。

特に、親族のみの少人数の挙式スタイルとして、よく選ばれる「神前式」。
挙式費用が比較的リーズナブルであり、式中により厳格なムードが漂うことから、少人数という条件との相性が良好です。
少人数で挙式をするなら、神社での神前式を選んでみてはいかがでしょうか?

ここからは、そんな“少人数和婚”のメリットについてご紹介していきます。

 

【少人数のメリット1】

ゲスト全員とお話できる

少人数で挙式するメリットは、招待したゲスト全員ときちんとお話ができることです。
参加する方の人数が少ないと、その分一人ひとりにかけられる時間が多くなります。ゲストと一緒に写真を撮ったり、ワイワイと声をかけたり、アットホームな雰囲気を楽しめるでしょう。
また、当日の新郎新婦の負担も少なくなります。

その反対に、参列者の多い結婚式は華やかではありますが、式中にゲストと一言も会話ができないケースも少なくないようです。
また、新郎新婦が忙しそうに見えることから、ゲストがコミュニケーションを遠慮してしまうことも……。
大切なゲストと、ゆったりとしたお祝いの時間を過ごしたい方には、少人数の和婚をおすすめします。

 

【少人数のメリット2】

静かで厳粛な雰囲気を味わえる

大人数でのパーティーは、参加者同士のお喋りが賑やかで、会場が華やかな雰囲気になります。
それに対して、少人数でのパーティーは、ざわつきが少ないことから、より静かで落ち着きのある雰囲気になります。そんな静かな空間は、ほどよい緊張感があることから、和婚の挙式スタイルとマッチしやすいのが特徴です。

和婚で代表的な神前式は、静かな神殿の内部で執り行われ、厳粛な雰囲気が魅力となっています。
特に、新郎新婦と少人数のゲストのみの空間は、静けさから緊張感があるため、儀式の最中にも結婚の実感がわきやすいのではないでしょうか?
そのため、あえて少人数での和婚というスタイルを選ぶカップルも少なくありません。

 

【少人数のメリット3】

自分たちらしい式にできる

大勢の方に囲まれての結婚式は、賑やかな雰囲気がニガテな新郎新婦にとって、気持ちの上で負担になってしまうことがあります。
そんなときは、お互いのことをよく知っているご家族や、長年お付き合いのあるご友人だけを招待して、自分たちらしい結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか。

少人数での和婚には、いわゆる結婚式のような華やかなイベントとは異なる魅力があります。
また、親しい方のみを招待することで、のびのびと自分たちらしい挙式がしやすくなっています。
さらには、お料理の好みなど一人ひとりのゲストに配慮した選択ができるのも、少人数ならではの魅力と言えるでしょう。

 

***

 

結婚式に参加される方の人数は、多ければ多いほどよいというわけではありません。
少人数挙式には、少人数ならではのメリットがあり、和婚との相性も良好です。当初は結婚式を挙げるかどうか迷っていたカップルが、少人数での挙式を選ぶ例もあります。

自分たちらしい結婚式の選択肢として、少人数和婚を検討してみてください。