東郷記念館

家族みんなが喜ぶ!親ウケ・年配層ウケのいい和婚にするには?

結婚式は、主役である新郎新婦が中心となって、参加した方全員で作り上げていくイベントです。
仲良しのお友達など同世代の方はもちろん、ご両親や親戚の方など、世代の異なる方にも楽しんでいただけたら嬉しいですよね。
こちらでは、ご両親やご年配の方などからも支持を集める和婚で、家族みんなに喜んでもらえる結婚式を挙げるためのポイントをご紹介します。

 

和婚は親族からも評価が高い!

さまざまな結婚式のスタイルが登場し、自由度が高くなってきた現代。これまでの挙式スタイルにはないような、自分たちだけの新しい結婚式をプロデュースするカップルも増えつつあるようです。
その一方で、昔から続いてきた伝統的な挙式スタイルである和婚も、若い方を中心としてその魅力に注目が集まっています。

日本の伝統を感じられる和婚は、ご両親や親族のご年配の方を含めて、“年代を問わず好印象を得られる挙式スタイル”としての地位を確立しています。特に神前式は、挙式にかかる費用が比較的リーズナブルでありながらも、格式高い雰囲気があることから、新郎新婦のご家族からも評価が高いようです。

和婚といえば、多くの方が神社での挙式を思い浮かべるのではないでしょうか?
祖父母世代には、ご自身も神社で結婚式を挙げた経験をお持ちの方も少なくありません。
新郎新婦の衣装と、神社の美しい景観がマッチする神前式は、写真映えもしやすくなっています。
また、「誓詞奏上」をはじめとした緊張感のある儀式も、和婚らしい魅力だと言えるでしょう。
親ウケ・年配層ウケを大切にしたいなら、和婚を選んでみてはいかがでしょうか?

 

お料理はゲストを喜ばせる大切なポイント

親ウケ・年配層ウケのいい和婚にするために特に力を入れておきたいのが、当日に振る舞う「お料理」です。
結婚式でお出しするお料理は、新郎新婦からゲストへ向けての大切なおもてなし。いつもより豪華なお料理を楽しみに、結婚式へ参加される方もたくさんいらっしゃいます。

人によっては、結婚式のお料理のグレードを気にされることもあるようです。
特に、何度も式に参加された経験のある方は、たとえ金額をお伝えしなかったとしても、お料理の素材からある程度の価格帯やランクを予想できてしまいます。足を運んでくださった親族やご年配のゲストにも喜んでもらえるよう、お料理には特に力を入れておくことをおすすめします。

また、参加されるゲストの好みによっては、洋風のお料理ではなく和風のお料理を中心とするなど、配慮をしておくとよいでしょう。
おふたりの幸せな姿と合わせて、おいしいお料理を用意して、当日に楽しんでいただける準備をしてみてください。

 

バリアフリーの設備がある会場を選ぼう

ご年配の方が多く参加される結婚式では、バリアフリー設備のある会場を選ぶことが、ゲストへの思いやりにつながります。特に、挙式会場から披露宴会場までの移動は、負担になりやすいポイントです。
挙式する神社から距離の近い施設を選ぶなど、ゲストが無理なく移動できるかどうかを確認してみてください。

「東郷記念館」は、東郷神社のほど近くにある式場です。日本庭園が美しい東郷神社で挙式をした後、少ない負担で披露宴会場まで移動できるようになっています。
さらに、建物内はバリアフリー対応であるため、ご年配の方が参加される神前式でも安心です。
大切なお爺ちゃん・お婆ちゃんに晴れ姿を見せたいときは、ぜひ東郷記念館で披露宴を行ってみてください。

 
***

 
昨今では、親族のみで挙式するカップルが多いことから、ご両親や親族の方に喜んでいただける挙式スタイルのニーズが高まってきています。参列者との一体感が魅力的な和婚は、少人数にもおすすめの挙式スタイルです。

参加される方みなさんに楽しんでいただくために、ご紹介したポイントをぜひ参考にしてみてください。