東郷記念館

伝統的な「花嫁行列」で感じる神前式の魅力

結婚式の主役である新郎新婦を中心として、参列者たちがずらりと長い行列になって神殿まで厳かに歩いていく様子を、見かけたことがないでしょうか?
日本の結婚式に特徴的なこの儀式は「参進の儀(さんしんのぎ)」と呼ばれるもので、和婚の風物詩として知られています。

そんな花嫁行列の魅力についてお伝えします。

 

花嫁行列とは

神社で行われる和婚は、静かで厳かな雰囲気が魅力となっています。
そんな和婚らしい儀式のひとつに、「花嫁行列」があります。
花嫁行列とは、いわゆる「参進の儀(さんしんのぎ)」のことです。

花嫁行列は、神職・新郎新婦・親族が並んで行列を作り、結婚式が執り行われる神殿まで、ゆっくりと進んでいくというもの。美しい衣装を身につけた大勢の参列者が、神社の境内を目指して歩いていく、見た目にも華やかな儀式となっています。
洋風ウエディングでたとえると、バージンロードのようなイメージでしょうか。

列をなした参列者たちの姿は、神社を訪れる一般の参拝客からも見られるため、辺りには結婚を祝福するおめでたいムードが漂います。
そんな花嫁行列は、まさに神前式の醍醐味といえる儀式です。
和婚での挙式に憧れる花嫁さんは、理想の「参進の儀」ができる式場を選んでみてはいかがでしょうか?

 

花嫁行列の儀式をするには?

花嫁行列の儀式をするためには、結婚式のスタイルとして「神前式」を選ぶ必要があります。
ただし、神前式であったとしても、神殿までの距離があまりに短いホテルや式場で挙式する場合には、儀式が行われないケースもあるようです。和婚で花嫁行列の演出を取り入れたいのであれば、あらかじめ候補となっている式場での「参進の儀」の内容について確認しておきましょう。

日本の伝統を感じる花嫁行列を行いたいときは、やはり神社で挙式することをおすすめします。
神社の境内は、緑豊かで物静かな空気が漂っていることから、和婚の衣装にもよく似合います。
また、たくさんの参拝客から祝福してもらえるのも、神社で神前式を挙げるメリットのひとつです。

とりわけ「東郷神社」の花嫁行列は、美しい日本庭園の中を歩いて神殿へ向かうという演出で有名です。
広い池にわたされた橋の上を、晴れ着で着飾った新郎新婦が一歩ずつ進んでいく「参進の儀」には、ほかの神社ではなかなか体験できない緊張感があります。
結婚式当日、一生に一度きりの特別な演出をしてみたいなら、ぜひ東郷神社での挙式を検討してみてください。

 

花嫁行列に込められた意味

和婚らしい厳かな雰囲気の花嫁行列ですが、実はこの儀式は見た目が美しいだけでなく、日本の結婚式らしい素敵な意味が込められているのも魅力のひとつです。
「参進の儀」における“さん(三)”とは、過去・現在・未来が合わさる、三位一体を表していると言い伝えられています。

花嫁行列を歩いている新郎新婦の行き先には、神様が待ち受けている神殿があることから、“未来”の安泰が象徴されています。そして、ゆっくりと神殿へと向かっている新郎新婦は“現在”です。
そんな新郎新婦の後に続き、ともに歩いている参列者は、おふたりの“過去”を支えた人たち。親御さんやお友達や親戚など、これまで大切な方に支えられて生きてきたことを、強く実感する儀式となるはずです。

花嫁行列に込められた意味を知り、結婚式当日に大切な方と一緒に神殿へ歩いていく瞬間は感慨深く、忘れられない思い出となるでしょう。
少人数で挙式する際も、参列した方たちの思いがひとつになる花嫁行列は、ぜひ取り入れたい演出です。

 

***

 

花嫁行列は、昨今人気を集めている和婚の中でも、特に魅力的な儀式のひとつです。
神殿まで一歩一歩歩んでいく緊張感や、ご家族やご友人をはじめとした大切な方たちと一緒に参加する一体感など、ここでしか実感できない感動があります。

ぜひ神前式の演出として注目してみてください。