東郷記念館

神前式の項目のひとつ「誓詞奏上」にはどんな意味がある?

神前式の項目のひとつに「誓詞奏上(せいしそうじょう)」というものがあります。誓詞奏上は基本的に新郎が読み上げるため、全体的に新婦に注目が集まりやすい結婚式において、特に新郎にスポットが当たる場面となっています。また、新郎新婦が並んでいる様子をはっきりと写せることから、写真を撮る絶好の機会です。こちらのページでは、誓詞奏上の意味についてお伝えします。

 

 

神前式では誓詞奏上を行う

 

神前式では、三三九度・玉串拝礼の儀・親族杯の儀・水合わせの儀といったような演目を行います。中でも重要なのが「誓詞奏上」です。

誓詞奏上とは、神前式で新郎もしくは新郎新婦の二人が誓いの言葉を読み上げる演目です。式の中でも特に盛り上がる演目となっています。結婚式では全体的に花嫁さんに注目が集まりがちですが、誓詞奏上では新郎にスポットが当たります。

式の中で二人が並んでいる姿をはっきり写せる機会は、意外にも多くありません。誓詞奏上は絶好のチャンスとなっています。誓詞奏上の意味や読み上げ方を覚えて、正しく儀式を行いましょう。

 

誓詞奏上の内容

 

誓詞奏上では一体どのようなことを読み上げるのでしょうか? 誓詞には、主に結婚の報告と夫婦の誓い、締めの言葉が書かれています。

 

  • 結婚の報告

最初に神様へ結婚の報告をします。「私共は今日を佳き日と選び、〇〇式場の大前で結婚式を挙げました」といったような言葉を読み上げます。

 

  • 夫婦の誓い

次に、出会えた縁に感謝する言葉や、これからも助け合っていくことを誓います。「今後は信頼と愛情とを以て助け合い励まし合って良い家庭を築いて行きたいと存じます」といったような形です。

 

  • 締めの言葉

最後は締めの言葉を読み上げます。「何卒幾久しく御守りください」といった言葉を読み上げた後、日付と名前を言います。新郎が読む場合も、新婦の名前部分は新婦自身が読み上げます。

基本的に誓詞は神社で定型文を用意してくれます。しかし、「結婚の報告」と「夫婦の誓い」、「締めの言葉」の3つが書かれていれば、新郎新婦が自分たちで作っても構いません。オリジナルの誓詞を読み上げたい方は、定型文やインターネットに載っている例文を参考に自作してみましょう。

神前式では、誓詞を読み上げることによって新郎新婦が結婚を誓ったことになります。とても重要な演目であるため、力を入れて行いましょう。

 

誓詞奏上の際気をつけること

 

誓詞奏上の際には、いくつか注意する点があります。まず、誓詞を目線より下に下げないことです。誓詞奏上は神様に対して行うものであるため、あまり誓詞を下の方で持つと失礼になってしまいます。目線の高さで持つようにしましょう。

持ち方にも注意が必要です。誓詞を開く際は、まず親指を上から入れて誓詞の真ん中辺りまで下げ、親指を立ち上げながら一番上を開きます。それから滑らすように、残りの部分を開いていってください。折りたたむときも、同じようにして左から折りたたみます。本番にスムーズにできるように練習しておくと安心です。

また、新郎のみが読み上げる場合、花嫁さんはここで集中が途切れやすくなります。意識をしなければ、違和感のある形で写真に写ってしまうことがあるため、ご注意ください。新郎が読み上げる際は、新婦も目で誓詞の文字を追うようにしましょう。

誓詞の言葉には、フリガナが振ってありますが、普段あまり使わないような言葉使いで書かれているため、やや読み上げにくくなっています。式の前には練習用の誓詞をもらえるため、ご自宅でぜひ練習しておきましょう。

 

***

 

神前式で行う誓詞奏上には、神様への結婚の報告をする意味があります。また、誓詞を読み上げることで新郎新婦が結婚を誓ったことになるため、大変重要な演目のひとつです。式の中でも目立つ部分ですから、練習も力を入れて行いましょう。最低限必要な項目さえ入っていれば、オリジナルのものを自分たちで作成しても構いません。心を込めて誓詞奏上を行い、思い出に残る結婚式にしましょう。