東郷記念館

白無垢や色打掛などの和装に合うブーケはどれがおすすめ?

ブーケにはラウンドブーケやキャスケードブーケ、クレッセントブーケといったようにさまざまな種類がありますが、和装をする場合はどんなものを選べば良いのでしょうか? 和装をする方によく選ばれているのは「ボールブーケ」です。茎ではなく紐を持つ形が着物とよく似合うため、和婚の定番ブーケとなっています。また、扇子ブーケやクラッチブーケも人気です。こちらでは、和装に似合うブーケについてご紹介します。

 

 

定番なのは「ボールブーケ」

 

和装によく合わせられるのは、ボールブーケです。ボールブーケとは、ボールのように丸い形をしていて、持ち手に組紐やリボンが付いたブーケのことを指します。白無垢や色打掛にとてもよく似合うブーケとなっています。

しかし、ボールブーケは構造上重くなってしまうことや、持った際に衣装と擦れて傷みやすいといった注意点があります。着慣れない衣装を着ているときにブーケに注意を払うのは、花嫁さんの負担になってしまうかもしれません。

そこでおすすめなのが造花です。造花は軽いため簡単に持つことができ、衣装と擦れる心配をする必要がありません。さらに、枯れることがないため、記念として残して置けるというメリットもあります。最近は造花のクオリティが高くなっており、本物に劣らないようなブーケが制作されています。持ちやすいブーケを希望する方は、造花を選んでみましょう。

 

「扇子ブーケ」も人気上昇中!

 

扇子ブーケも人気が高くなっています。扇子ブーケとは、持ち手の部分に花が付いていたり、全体に花が敷き詰めてあったりするブーケのことです。

金色の扇子に白い花と赤い紐で装飾したブーケや、赤いグラデーションの扇子に黒やピンクの花を飾ったブーケといったように、さまざまなブーケがあります。夫婦でお揃いの扇子ブーケを持つ方もいらっしゃいます。

扇子ブーケはDIYすることもできます。用意するのは、扇子・造花・水引・グルーガン(樹脂の接着剤)のみです。作り方はまず、扇子にどのように花を飾るか決め、置いていきます。水引やそのほかにも使いたい装飾アイテムがあれば飾っていきましょう。配置が決まったらグルーガンで固定していきます。造花や装飾が落ちないように、しっかり留めておきましょう。時間に余裕がある場合は、ぜひDIYに挑戦して、オリジナルの扇子ブーケを作ってみてください。

 

洋装にも和装にも合う「クラッチブーケ」

 

ウエディングドレスによく合わせられるクラッチブーケは、和装にもよく似合います。クラッチブーケとは、茎の部分が残してあり、そこを持つようになっているブーケのことです。使う花によって可愛らしくも大人っぽくもなる、印象の幅広いブーケとなっています。摘んできた花をそのまま花束にしたようなナチュラルな雰囲気が魅力です。

白無垢や色打掛にクラッチブーケを合わせるなら、牡丹や百合、ダリアといった花を使ってみましょう。これらの花は和のイメージが強く、着物にぴったりなブーケになります。特に白い百合を使ったブーケには高貴さがあるため、白無垢の花嫁さんが持つのにぴったりです。

また、組紐・水引・竹といった、和装ならではのアイテムを付け足すのもおすすめです。茎を組紐で結んだり、花の中に竹を添えたりすると、より和婚らしいブーケになります。クラッチブーケを持つ際は、小物にも工夫してみましょう。

 

***

 

和婚で定番なのはボールブーケです。白無垢や色打掛によく似合うため、多くの和婚花嫁さんがボールブーケを選んでいます。少し持つのが大変ですが、造花のボールブーケならば着物を着ていても簡単に持ち歩けます。また、扇子ブーケやクラッチブーケも人気となっています。ブーケは花嫁さんの魅力をより引き立たせてくれるアイテムです。着物に似合うブーケを選んで、きれいな姿で結婚式を挙げましょう。