東郷記念館

神前式に招待されたら。ゲストが注意すべき服装マナーやNG行動

 

厳粛な雰囲気の中で行われる神前式には、ゲストが守るべきマナーがあります。こちらでは、ゲストが当日に注意しておきたい服装マナーや、NG行動についてお伝えします。神前式に出席する際は、主役となる新郎新婦のためにも適切な装いや行いを心がけましょう。

 

神前式の服装マナー

神前式に出席するご友人の服装では、男性は正装あるいは準礼装を着用し、両家の父親よりも控えめな装いを意識しましょう。黒のスーツに、白・グレー・シルバーのネクタイ、または白地にシルバーか黒のストライプのネクタイといった、準礼服スタイルが定番です。

女性は洋装でも和装でもかまいませんが、お祝いの気持ちを込めて、神前式に相応しい華やかな着物で出席することをおすすめします。このとき着用する着物は、振袖あるいは訪問着で、色や柄は派手になりすぎないようにしましょう。

新郎新婦の母親は、黒留袖(五つ紋付き黒留袖・白足袋・草履)を着用します。父親の衣装は紋付羽織袴(黒紋付き五つ紋・黒羽二重五つ紋・角帯・袴・白足袋・雪駄)です。洋装の場合、母親はイブニングドレスあるいはアフタヌーンドレス、父親は燕尾服に白ネクタイ、もしくはタキシードに黒ネクタイか、モーニングコードを着用します。

親族の服装は、新郎新婦の両親よりもやや控えめを意識しましょう。父親が正装の場合、伯父・叔父は正装か準礼装を着用します。また、母親が正装の場合、伯母・叔母は正装あるいは準礼装を着用します。

 

神前式で気をつけたいNG行動

神前式へ出席するとき、避けておきたい行動があります。

女性の服装で気をつけたいのは、素足ではなく必ずストッキングを着用して出席することです。神前式では靴を脱ぐことがあるため、ストッキングの着用は必須となります。また、足音が目立ちやすいピンヒールは、砂利道や階段を歩くことが多い神前式では、避けておいたほうが無難でしょう。

匂いの強い香水は堂内のお香と混ざってしまうことがあるため、当日はなるべく使用を控えておくか、香りの弱いものを使用するようにお気をつけください。

神前式は神聖な場所で行われるため、儀式の最中は写真撮影が禁止されている場合があります。専属カメラマンに限り撮影が許可されている場合もありますから、撮影をしたいときはあらかじめ許可を得てから行うようにしましょう。

また、儀式には途中参加ができないことがあります。当日に遅刻をしないよう、余裕を持って出かけることも大切です。式中は私語を慎むとともに、神前式ならではの厳粛な雰囲気を壊さないようお気をつけください。

 

参列者に求められる作法

神前式での一般的な進行では、花婿花嫁の一行の後に続き、ゲストも神殿に進むことになります。順番としては、花婿・花嫁・家族・親族に次いで後方から参列者が入場します。神社にもよりますが、入場の際には身を清めるための「手水の儀(てみずのぎ)」が入ることもあります。手水の儀では、柄杓に汲んだ水で手と口を清めましょう。

参列者も参加する儀式は「玉串奉奠(たまくしほうてん)」です。「玉串礼拝(たまぐしれいはい)」と呼ばれることもあります。この儀式では、新郎新婦が二拝二拍手一拝を行い、玉串を神前に供えます。参列者も一緒に、2回のお辞儀・2回の柏手・1回のお辞儀を行いましょう。2回目のお辞儀では、1回目よりも深くお辞儀をするのが作法です。

神前式の流れは、神社によって異なる場合があります。また、晩酌人の有無によっても変わります。当日の進行では、「ご参列の方々は、〇〇願います」という指示がありますから、式が無事に終わるまで聞き逃さないように気をつけましょう。

 

***

 

もしも神前式に招待されたら、参加する前にゲストが注意すべきポイントを押さえておきましょう。神前式は、その厳粛な雰囲気が魅力のひとつでもあります。伝統的な神前式では、参列者として正しい作法を心がけ、全員で力を合わせて素敵な式を作り上げましょう。