東郷記念館

和婚の披露宴におすすめな和の演出3選!知っておきたい意味と由来

 

和婚の披露宴におすすめしたい和の演出を3つご紹介します。ゲストの心に残る素敵な披露宴にするためには、会場を盛り上げるための演出が欠かせません。たとえば洋婚でお馴染みのケーキカットのように、和婚にもゲストと一緒に楽しめるような演出を取り入れてみてはいかがでしょうか? お二人でアイデアを出し合い、素晴らしい披露宴を作り上げましょう。

 

鏡開き

おめでたい席で酒樽の蓋を木槌で割って開封することを「鏡開き」と呼んでいます。鏡開きの“鏡”とは、酒樽の蓋のことです。日本では、古くから丸くて平らな形のものを“鏡”と呼ぶ風習がありました。丸い形は“円満”を表し、開くという言葉には、“未来を切り開く”という意味があります。披露宴で新郎新婦が鏡開きするというのは、夫婦円満や子孫繫栄への願いが込められているのです。

披露宴の鏡開きでは、司会者の合図で新郎新婦が木槌で樽の蓋を叩きます。このとき、ゲストのみなさんに「よいしょ!」と掛け声をかけてもらうと良いでしょう。このとき、お酒が周囲に飛び散らない程度の力加減にするよう、お気をつけください。

その後は一号升にお酒を汲み入れます。新郎新婦が各テーブルを回ってお一人ずつ配っても良いですし、ゲストが多い場合はスタッフの方にお願いしても良いでしょう。

各テーブルに小さな樽酒を準備し、ゲストと一斉に鏡開きをするという方法もあります。最近ではウエディング専用の小さな空樽が販売されていますから、あらかじめ樽の中にプチギフトを入れておき、ゲストにお配りするという演出もおすすめです。

 

水合わせの儀

「水合わせの儀」とは、新郎新婦が互いの実家から水を持ち寄り、ひとつの盃に注ぎ合わせる儀式です。この儀式には、“異なる環境で育ってきた新郎新婦が、ひとつの家庭を築き上げる”という意味が込められています。

式当日は、両家がそれぞれの容器に水を汲み入れて持ち寄ります。式場に着いたら、水を別の容器に移し替えましょう。披露宴では、新郎新婦がそれぞれの家から持ち寄った水を盃に入れ、新婦が盃の水に口をつけます。

「水合わせの儀」をアレンジすることもできます。たとえば、“夫婦の木”として知られるオリーブの木の鉢植えに、新郎新婦が水やりをするというユニークな演出は、その一例です。ゲストにも参加していただき、結婚を承認する証として鉢に土を入れてもらえば、披露宴が終わってから植物を育てる楽しみも加わります。

なお、「水合わせの儀」では、両家の母親が水を汲むのがしきたりとなっています。披露宴当日は、ご家族の方もかなり忙しくなることが予想されます。忘れずに水をお持ちいただくよう、当日の朝に連絡を入れておくと親切でしょう。

 

だるまの目入れ

披露宴の「だるまの目入れ」では、新郎新婦がだるまの左右の目を同時に描き入れます。だるまを正面にして、右目を新郎が、左目を新婦が描き入れましょう。このとき、筆を使うと墨がたれてしまうなど、失敗してしまいやすくなります。可能であれば、油性マジックや筆ペンで描き込みましょう。だるまの目入れをアレンジして、だるまをかたどったウエディングケーキにチョコレートで目入れをするというアイデアもあります。

だるまの目入れが行われるようになったのは、江戸時代のことだと言われています。当時は、魔除けのためにだるまを置くご家庭が多くありました。初めはすでに目のあるだるまが売られていましたが、目が美しく描かれただるまから先に売れてしまうため、やがては目が描き込まれていないだるまが登場したのです。その後、願い事があるときにだるまの片目を入れ、願いが叶った後にもう一方の目を入れるという「だるまの目入れ」という儀式が生まれました。

***

和婚の披露宴におすすめしたい和の演出を3つご紹介しました。和婚でできる演出には、ゲストを含めて会場全体で盛り上がれるものがいくつもあります。楽しい披露宴にするために、ぜひお二人のお好みのアイデアを取り入れてみてください。