東郷記念館

白肌をつくるベースが大切!白無垢に似合うメイクの秘密

 

白無垢に似合うのは、白く塗った肌に真っ赤な口紅というイメージを持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

時代が変われば結婚式におけるメイクのあり方も変わり、白無垢に自分らしいこだわりのメイクを合わせる方も増えてきています。

今回は、白無垢に似合うメイクをご提案します。

白無垢のベースメイクは白塗りが基本

 

白塗りという言葉のイメージとは違い、昨今の和装メイクはお顔が真っ白になるというわけではありません。

メイク担当と相談して、ベースとなるお肌のお色味を決めてみましょう。

 

 

伝統の和装メイク「水化粧」とは

和のブライダルメイクは、白塗りと呼ばれることもある「水化粧」を施すのが基本となっています。

水化粧は、水で溶いた白粉(おしろい)を使いますが、舞妓さんのようにお顔が真っ白になってしまうわけではありません。

プロのメイクさんと相談しながら、白浮きしない程度に、さらにお肌の透明感が増すような仕上がりを目指しましょう。

水化粧は、べたつかずサラサラとしたマットな質感が特徴です。

 

 

洋装メイクを合わせてもOK

披露宴で洋装にお色直しする場合は、時間の関係で水化粧ができない場合もあります。

なぜなら、水化粧から洋装メイクにチェンジするためには、一度メイクを全て落とさなければならないからです。

和装で挙式をした後、洋装で披露宴を考えていらっしゃる方は、メイク担当との相談が必要です。和装によく似合い、洋装へのお色直しが可能なメイクを提案してもらいましょう。

 

 

口紅には鮮やかな色を選ぼう

真っ白な白無垢には、色味の強い鮮やかな口紅を合わせるのが一般的です。

伝統の赤色を選ぶか、あるいはこだわりの色でトータルコーディネートを目指すか、メイク担当と相談しながら決めましょう。

 

 

白無垢に合わせるなら伝統の赤

白無垢に似合うのは何といっても赤です。

白い着物に真っ赤な口紅という組み合わせに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚式の口紅に使われる赤には魔除けやお祝いの意味も含まれていますから、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

実際に衣装と合わせてみなければイメージするのが難しいかもしれませんが、鮮やかな赤は白無垢にとてもよく映えます。

 

 

こだわりの口紅で自分らしく

赤い口紅以外に、自分らしい色合いのメイクを選ぶという方法もあります。

花嫁姿を柔らかい印象にしたいときは、ピンク系の口紅がおすすめです

。優しく可愛らしい雰囲気になります。

また、小物に色味を使用している場合は、その色味をメイクに反映させるとトータルバランスが良くなります。

ブライダルメイクリハーサルの時点で衣装や小物の色味が決まっている場合は、メイク担当に相談してみましょう。

 

 

アイメイクはナチュラルな仕上がりに

白無垢に合わせるアイメイクは、衣装のイメージに合わせた清楚でナチュラルなメイクを選ぶ方が多いようです。

白無垢に似合うメイクは普段のメイクとは少し違うため、ブライダルメイクをセルフで行う花嫁さんも、プロの意見を参考にすることをおすすめします。

たとえば、光り輝くラメをふんだんに使った華美なメイクは、白無垢の純粋で慎ましい雰囲気とはかけ離れているため、ゲストに違和感を与えてしまうかもしれません。

その反対に、すっぴんに近いような薄過ぎるメイクは、遠くから見たときの印象や写真写りがやや寂しくなってしまいます。

また、和装メイクと言えばアイラインを切れ長に引くのが定番ですが、必ずしもこれに倣う必要はありません。

花嫁さんのお顔立ちにより似合うメイクがあれば、そちらを採用してもよいでしょう。ブライダルメイクも、自分らしさを感じられる仕上がりを目指してみてください。

***

白無垢に似合うメイクのポイントをご紹介しました。時代が変わるにつれメイクの仕方も変わり、和装のメイクにこだわる花嫁さんも増えてきています。伝統的なお化粧の手法を取り入れてもよいですが、より自分に似合うものが見つかれば、そちらを採用してもかまいません。メイク担当と相談しつつ、素敵な白無垢姿を完成させましょう。