東郷記念館

結婚式に最適な日取りはいつ?今更人に聞けない六輝(六曜)について知ろう

 

「結婚式をするなら、日取りは大安に!」と考えている方も多いのではないでしょうか?

このように、“大安は縁起が良い日”と考えられているのは、古くから日本で使われている六曜の考え方に基づいているのです。

結婚式の日取り選びでも使われる「六曜」についてご紹介します。

 

 

六輝(六曜)とは

六曜とは、1日の吉凶を占うために用いられるようになった思想です。

かつては、占いのような使われ方をされていました。

こちらでは、六曜の歴史や読み方などをお伝えします。

 

六曜の歴史

六曜の歴史には諸説ありますが、鎌倉時代から室町時代ごろに、中国から伝えられたと言われています。

江戸時代の末期ごろから盛んに使われるようになりましたが、明治時代になると「六曜は単なる迷信」と考えた政府が、六曜の使用を禁じます。

しかし、民衆からは六曜を必要とする声が多くあったため、現代まで残されたと考えられています。

 

 

六曜の順番と読み方

六曜は次のような順番で進みます。中には聞き慣れないものもありますから、その読み方も併せて参考にしてみてください。

  • 先勝(せんしょう・さきがち)
  • 友引(ともびき)
  • 先負(せんぶ・さきまけ)
  • 仏滅(ぶつめつ)
  • 大安(たいあん)
  • 赤口(しゃっこう・しゃっく)

 

結婚式に向いている六曜と時間帯

こちらでは、結婚式に良いとされる六曜をみていきましょう。もっとも吉とされる「大安」から、吉とされる時間帯、理由をご紹介します。

 

  1. 大安:1日を通して吉

大安とは「大いに安し」を意味し、六曜の中でもっとも吉となる1日です。

祝い事や引っ越し、開店、旅行などあらゆることを行うのに良い日となります。新しいことを始めるのにも適した日で、結婚式に好んで選ばれます。

 

  1. 友引:昼は凶、午前中/夕方~夜は吉

友引は、大安に次いで吉とされる日です。昼は凶にあたるため、結婚式は午前/夕方~夜に挙げるのが無難です。

この日に勝負事を行うと「引き分け」になるという言い伝えもあります。

 

  1. 先勝:午前中が吉、14~18時は凶

「先んずれば人を制す」ということわざがあるように、「何事も急ぐが吉」という意味があります。考えるよりも積極的に行動するのが良いとされる1日です。

 

  1. 赤口:11~13時のみ吉

赤口は、「万事に用いない悪日」とされ、万事において注意が必要な1日と言われています。火の元や怪我に注意をしたい日で、式を行う場合はお昼時が良いでしょう。

 

  1. 先負:午前中は凶、午後は大安

この日は、「先んずればすなわち負ける」とされ、急げば何事も負けるという言い伝えがあります。

アクションを起こす前に、「まず落ち着いて考えてから」という意味を含んでいる日です。

 

  1. 仏滅:1日を通して凶

六曜の中でもっとも凶となり、婚礼をはじめとするあらゆる祝い事を避けるのが無難とされる1日です。

一方で、仏滅を「物滅」とも捉えられ、これまでのことが滅びて、新しく始まる日という考えもあります。

 

 

結婚式の日取りの決め方

結婚式の日取りを決めるためには、さまざまな要素を考慮しなければなりません。ゲストの都合に配慮しながら、日取りを決めていきましょう。

 

 

3カ月前までには日取りを決めよう

結婚式の日取りを決めるのは3カ月以上前、可能であれば6カ月くらい前にしておきましょう。

招待するゲストを決めたら、招待状の作成・発送・集約というステップがあります。

そのほかにも新郎新婦の衣装合わせなど、多くの準備すべきことがあります。余裕をもって準備を進めてください。

 

 

季節や天候を考慮しよう

夏は汗によってメイクが落ちやすく、花嫁さんや女性ゲストにとって、暖かい気候がマイナスに働いてしまうことがあります。

その反対に、寒い季節は雪の影響によって交通機関のダイヤが乱れる可能性があるため、避けたほうが無難でしょう。

過ごしやすく、大雪や台風などの悪天候が少ない時期をお選びください。

 

 

大型連休やお盆は避けよう

大型連休やお盆は、ゲストの方々が旅行の計画を立てているかもしれません。

また、年末年始やクリスマスも忙しい方が多いため、なるべく避けておくことをおすすめします。

招かれる方々の都合に配慮するのも、結婚式の日取りを決める上で大切な要素です。

***

日本では「結婚式=大安」というイメージが強く根付いています。そのため、大安の日はすでに多くの会場で、予約がいっぱいに埋まってしまっているかもしれません。式の時間帯によっては、必ずしも大安を選ばなくても挙式が可能です。六曜についての知識を深めると、結婚式の日取りが選びやすくなります。日取り選びに迷ったら、ぜひご紹介した内容を参考にしてみてください。