東郷記念館

初穂料と玉串料はどちらが正解?神前式のご祝儀袋の表書きについて

 

神前式をあげる場合は、神社に封筒に入れてお金を納めます。

そのとき、「初穂料」と書くか「玉串料」と書くかで迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、初穂料と玉串料の違いや、表書きを書くときの注意点についてご紹介します。神社へのお礼を用意する際の参考にしてみてください。

 

 

神前式の初穂料と玉串料について

神前式では、ご祝儀袋に「初穂料」と「玉串料」のどちらを書けば良いのか迷ってしまう方が多いかもしれませんが、実はどちらでも構いません。

“初穂”とはその年に初めて収穫されたお米のことを指します。昔は神様への感謝の気持ちとして、初めて収穫したお米(初穂)や農作物(初物)を捧げていました。

ただし、生産者でないと初穂や初物は手に入らないため、代わりにお金をお供えすることが増えていきます。

それが転じて、神社に対する謝礼のお金を初穂料と呼ぶようになったのです。

初穂料は結婚式に限らず、初宮詣や七五三詣といったように、さまざまな場面で使えます。

 

ただし、神様への感謝の気持ちという意味で渡すお金のため、お葬式には適しません。

玉串料の由来は“玉串”の代わりにお金を包んだことです。玉串は榊の枝に紙垂をつけたもので、米や魚といった捧げ物と一緒に神様にお供えしていました。

初穂料と同じく、玉串を用意できない方が代わりにお金を用意するようになり、神様にお供えするお金のことを玉串料と呼ぶようになります。

玉串料は初穂料と違い、お葬式でも渡すことができます。

玉串は弔事でも使われるため、結婚式で渡すには縁起が悪いと言われることがありますが、実際はそんなことはありません。お好みのほうをお選びください。

 

 

初穂料を入れる封筒は水引の結び方に気をつけよう

初穂料を入れる封筒は水引というひもで結びます。結び方には「結び切り」「あわび結び」「蝶々結び」といった種類があります。

結び切りは1度結んだら解けないことから、病気や事故のお見舞いのように、重ねて起きてほしくないことに使われます。慶弔ともに使える結び方です。

あわび結びは結び切りの一種で、結び目があわびの形に似ていることからこう呼ばれています。緩やかな結び目に見えますが、両端を引っ張ると固く結ばれて、解けないのが特徴です。

蝶々結びは何度でも結び直せるため、何度あっても嬉しいことのお祝いに使います。具体的には、出産祝いや長寿のお祝いなどです。

結婚は何度もしないことが望ましいため、結婚祝いでは結び切りかあわじ結びをすることになります。何度も結び直せる蝶々結びは、結婚祝いには不向きなため、お気をつけください。

初穂料を用意するときの注意点

初穂料の表書きを書くときは、筆・筆ペン・フェルトペンのどれかを使いましょう。

ボールペンで書くのは、慌てて用意したような印象を持たれてしまうため、避けてください。

水引の結び目の下部分には、新郎新婦の姓を書きます。お宮参りや七五三詣では渡す方のフルネームを書きますが、神前式のお礼では名字だけを書くことになります。

基本的に新郎の名前が右で、新婦の名前が左です。ただし、婿養子の場合は左右反対に書いてください。

中に入れる金額は10万円ほどが目安になります。ただし、挙式料の中に初穂料が含まれていることもあるため、予約の際に確認しておくと安心です。

神社ではなく、ホテルで神式の結婚式をあげる場合は、少し安めの5,000円ほどが目安になります。

お札はこの日のために用意したことを表すため、新札を用意しておきましょう。

***

神社に渡すお礼の封筒には、「初穂料」と「玉串料」のどちらを書いても構いません。好きなほうを選びましょう。

ただし、水引を蝶々結びで結んだり、ボールペンで文字を書いたりすることは非常識と見なされてしまいます。初穂料の表書きはルールに従って書きましょう。