東郷記念館

Design Festa Gallery Harajuku

1998年、外国人向けアパートを改築し、ギャラリーとしてオープン。オリジナル作品であれば年齢・国籍問わず誰でも出展することができる、全てのアーティストに開かれたギャラリー。壁やトイレ、更には外壁もキャンバスに見立て、計75ヶ所の表現スペースがある。施設内のつくりは少々複雑ではあるが、複数の展示を同時に楽しむことができ、アートの小部屋を探検するように、カジュアルにアートに触れられるのが魅力。内壁/外壁に定期的に入れ替わる壁画が20ヶ所ほどあり、フォトスポットとしても人気を集めている。